様々な機能を搭載した健康管理システムを運用する方法を教えます

健康管理システムは社内の人達の健康管理のためのものだから、あまりシステムには変わりがないのではと思われるかもしれませんが、やはりシステムによって得意分野があります。メンタルヘルスに特化したもの、健康診断業務の作業効率を向上させたもの、勤務時間なども一元管理して分析ができるものなどがあります。従業員の健康管理は物質としての身体だけでなく、精神面のケアも非常に重要となっています。そしてどちらの健康も日々の生活があってこそのものなので、定期的に行うストレスチェックや定期検診には重要な意味があるのです。また肉体面でも精神面でも疲労がたまることで病気の芽がでてくることになりますが、この芽が小さなうちに摘んでしまうことが長く健康でいられることに繋がります。当然医療費も双方軽く済みますので、経済的な意味においても健康診断とその結果の分析は非常に重要です。

健康管理システムは報告書作成を楽にできる

健康管理システムの利点は社員の健康面の維持だけではなく、報告書作成の工数を減らす意味もあります。健康診断を行ったあと当然労働基準監督署に報告書を提出する必要がありますが、このシステムを利用することで、提出するためのテンプレートや資料作成機能を使うことができるので、作業が大幅に削減でき、また漏れなどのない書類を作ることができます。提出書類の仕様が変更になった場合も、仕様変更のための追加プログラムを導入してもらえます。ただここが有料であるか、無料期間があるかは契約次第となります。例えばパッケージ型と呼ばれるものであれば導入後に改めてシステム管理者が社内で調整をおこないますが、クラウド型と呼ばれるものであれば、すぐに変更に対応ができます。仕様変更以外にも追加機能などが欲しい場合も相談に応じて対応可能であることも多いですので、導入前に確認をしてほしい一点です。

健康管理システムは会社の利益につながる

健康管理システムの導入は従業員や健康管理を行う人間にとってだけでなく、会社全体にも利益があります。それは離職率が低くなるという点です。ストレス社会と呼ばれ、うつ病や生活習慣病などで長期にわたり会社を休む、または辞職するという状態になる事がありますが、こまかくメディカルチェックをすることで病気による離職を減らすことができます。また労働時間の管理も同時に行えるシステムを導入することで休日の取り方や労働時間を厳しくチェックすることができ、働き方の見直しのきっかけにもなります。離職が増えれば、その分、他の社員にしわ寄せがいき、新人を補充しても、即戦力になるまでには、やはり時間もかかり、さらに仕事が増えるので、さらに長時間勤務となり、と悪い循環を断ち、無理のない人材育成にも手を入れることができます。