健康管理システムのあらゆる機能やサービスをご紹介します

働く人が健やかに仕事に励むことができるように、近年健康管理システムを導入する企業や団体が増えてきています。近年、過労死などの問題から企業への健康管理を求める動きが活発になっています。労働安全衛生法といった法律などもあり、企業としても法に則って健康管理を進めていきたいと考えているところも少なくありません。しかし、企業や団体の規模や内容によって健診内容やフォロー体制などの要望の中身は様々で、難しい課題となっています。そこで役に立つのが健康管理システムです。健康診断に関わる準備作業や健診後のデータ管理まで一括して行うことにより、企業の手間も省くことができ、チェックやフォローも迅速に対応できるようになります。そんな健康管理システムについて、実際にどのような機能やサポートがあるのか、その詳細について紹介します。

健康管理システム導入の際の選択肢について

まず、健康管理システムを導入するにあたって、クラウド型のタイプとパッケージ型のタイプがあります。クラウド型の場合は、サービスの運用や管理などをクラウド上で行っていくので、導入までの時間も短縮できますし、コストも比較的低いです。一方で、パッケージ型は、専用の健康管理のソフトをインストールすることにより、自社のネットワークを利用して運用していきます。多少コストはかかりますが、必要な分だけ、カスタマイズするなど柔軟に対応していくことができるので使いやすいというメリットがあります。基本的な機能としては、定期健康診断の実施計画やスケジュールを管理したり、健診後のデータを管理したりする機能や、報告書を作成する機能などがあります。また、個人情報を取り扱うのでセキュリティの機能についても重要です。

健康管理システムの便利な機能やサービスについて

健康管理システムの機能として他にも魅力的なものがあります。例えば、健康管理だけでなく、勤務状況と合わせてデータ化できる機能があります。場合によっては、人事の担当者ではなく専門家が適切な保健指導を、チャット機能を使用して行ってくれるサービスもあります。それから、メタボリックシンドロームと診断された人に対して、生活改善の支援のための特定保健指導の管理ができる機能もあると便利です。また、最近では、フィジカル面だけでなく、メンタル面も重要視されています。そのことにより、ストレスチェックが行える機能も義務化によって需要が高まっています。適切な健康管理を行うことにより、労災認定といった賠償問題のリスクをなくすことや、離職率を下げるといったことも期待できるのでよく考えて導入を検討するとよいでしょう。