健康管理システム

全社員の健康管理システムの運用の方法を解説します

健康管理システムの導入を検討している、という企業も多くあるのではないでしょうか。企業が社員の健康管理を適切に行い、ストレスチェック制度を設けることは、労働安全衛生法によって義務付けされています。これに則り、事業者は年に1回の健康診断と実施状況の報告書提出など、社員の健康を管理していかなければなりません。しかし、定期的な健康診断業務や健康診断報告書の作成業務を人の手で行うことは、大変な労力がかかり時間も手間もかかってしまいます。そこで、この手間と時間のかかる作業を軽減するためにおすすめなのが、健康管理システムの導入です。健康管理システムを導入することで、社員一人ひとりのデータを一括管理することができるのです。では、健康管理システムにはどのような機能があるのでしょう。

健康管理システムにはどのような機能がある?

健康管理システムには、どのような機能があるのでしょう。まずは、定期健康診断の報告書を作成するためのデータ管理機能です。上記にあるように、企業は健康診断やその実施状況は、労働基準監督署に報告を行わなければなりません。しかし、報告書の作成を行うためには、社員の健康診断の受診状況を調べるなど、膨大なデータが必要になってきます。そこで健康管理システムを利用して、膨大な健康診断のデータを管理していきます。また、定期健康診断で異常が見つかった社員に対して受診後の検査の確認や、メタボリックシンドロームの判定が出た社員への生活改善チェックなどのデータ管理も行ってくれます。この他にも、健康管理に関わってくる長時間労働や休日出勤が、過度に行われていないかなどを管理する機能があります。

健康管理システムを導入するメリットとは?

便利な機能がある健康管理システムですが、企業が導入するメリットにはどのような点があるのでしょう。まず、報告書作成にかかる手間や時間を省くことができる点が挙げられます。定期健康診断の受診の有無や結果、その後のフォローなど膨大なデータを管理してくれるので、報告書作成の際にもデータがわかりやすく、データの作成も手軽にできるようになります。また、システムによっては健康診断の予約日も設定してくれるので、事務作業の労力を大幅に減らすことができます。次に、社員へのヘルスマネジメントが向上するメリットがあります。システムを導入していない場合、社員の受診有無や労働状況、ストレスチェックなどをすぐに確認しにくいことがありますが、システムを導入することによりweb上にて一目で確認することができるため、ヘルスマネジメントを向上させることができるのです。

全国に店舗や営業拠点を持つ外食・小売・流通・金融・サービス業のお客様にご導入いただいています。 リアルタイム進捗管理や台帳出力が可能な健診ポータルサイト『i-Wellness』利用料も含まれます。 疲労蓄積度チェック・ストレスチェックも標準装備しています。 健診受診率や保健指導実施率を高めたい! 15年超にわたり、400名を超える産業保健スタッフの声を集積し、2018年に完全刷新されました! 健康管理システムの導入をお考えの方へ